Emacs

avy で migemo る (avy-migemo を使わずに)

TL;DR (require 'avy) (require 'migemo) (defun avy-goto-migemo-timer (&optional arg) (interactive "P") (let ((avy-all-windows (if arg (not avy-all-windows) avy-all-windows))) (avy-with avy-goto-migemo-timer (setq avy--old-cands (avy--read-candidates #'migemo-get-pattern)) (avy-process avy--old-cands)))) (add-to-list 'avy-styles-alist '(avy-goto-migemo-timer . pre)) (global-set-key (kbd "C-M-'") 'avy-goto-migemo-timer) 背景 以前の記事 を書いた時点では avy を使っていなかったが、改めて調べると超

counsel-rg と migemo を組み合わせて ripgrep でもローマ字検索

Ivy (Swiper) で雑に migemo を使う の続編。併せて参照のコト。 TL;DR (setq migemo-options '("--quiet" "--nonewline" "--emacs")) (setq ivy-re-builders-alist '((t . ivy--regex-plus) (counsel-rg . ytn-ivy-migemo-re-builder) (swiper . ytn-ivy-migemo-re-builder))) counsel-rg の仕組み Emacs で使える正規表現と rg に渡せる正規表現は異なるのに、

Ivy (Swiper) で雑に migemo を使う

2021年2月27日 最終更新 counsel-rg と migemo を組み合わせて ripgrep でもローマ字検索 も併せて参照。 TL;DR (reqiure 'dash) (require 's) (defun ytn-ivy-migemo-re-builder (str) (let* ((sep " \\|\\^\\|\\.\\|\\*") (splitted (--map (s-join "" it) (--partition-by (s-matches-p " \\|\\^\\|\\.\\|\\*" it) (s-split "" str t))))) (s-join "" (--map (cond

org-mode に Chrome で開いてるページへのリンクを貼りたい

org-mode のリンクマークアップはちょっと特殊で、エスケープの仕様も独特です。 また、 2019年の12月にリリースされたバージョン 9.3 で後方互換性の無い仕

hugo.elを書いた

#とは hugo.elは、Hugoでサイト作成する際に便利な関数群を定義したパッケージ。 marmalade-repoで公開されているので、パッ

markdown-modeでSKKの変換確定するためにRETするとカーソルが行頭に飛ぶ問題の回避策

markdown-mode 2.1 で SKK 15.2 使ってると、確定しようと思って <return> すると、 確定後にカーソルが行頭に飛んでしまうという問題に遭遇した。 C-j で確定する場合は起こらない。 TL;DR